オセルタミビルを処方する横浜市泉区の病院とは

オセルタミビルとは、インフルエンザ治療薬で、一般にはタミフルという商品名が有名です。
オセルタミビルは、スイスのロシュ社により商品名「タミフル」で販売されている
A型インフルエンザ、B型インフルエンザに有効な治療薬として2001年2月に認可されています。
オセルタミビルの効用としては、気道粘膜に感染した細胞から起こるウィルス遊離を阻害する作用を持ち、
それによってインフルエンザウィルスの増殖を防ぎます。
ですので、インフルエンザにかかったと思ったらすぐに(48時間以内)服用することが重要です。
インフルエンザウィルスはまず喉の粘膜細胞に取り付き、増殖を繰り返して、症状を重篤化させますので、
ウィルスが増殖する前に、オセルタミビルを服用することが、薬を効果的に使用するためのポイントです。
横浜市泉区でのオセルタミビル(タミフル)を処方してくれる病院は今では沢山あります。
タミフルというと、若年層での異常行動が問題となり、平成19年には、
・10歳以上の未成年の患者は、合併症を有するハイリスク患者を除いては、原則使用を差し控える
・小児においては、異常行動発現の恐れがあり、少なくとも投薬後2日間は患者が一人にならないように、患者、家族へ注意を促す。
などの緊急安全性情報などが通達されました。
しかし今ではタミフルと異常行動の関連性が薄いこともあり、インフルエンザ治療薬として一般的に処方されています。
横浜市泉区でも、小児科の病院などでもタミフルを処方することがあります。
横浜市泉区ではおおよそ57軒の病院や診療所でインフルエンザ治療を行っていますが、
使用する薬剤について、不安な点がある場合には、医師や薬剤師とよく話し合うことが大切ですね。